足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国立近代美術館 工芸館の「花」展を見てきました

0   0


本好きで美術好きでカレー好きな自分にとって、
神保町で働けるというのはこの上ない幸せなわけです。
古本屋はいっぱいあるし、美術館も徒歩圏内にあるし、カレー屋もいっぱいあるし。
そんなわけで、昨日は仕事のあいまに少し時間があいたので
お散歩がてら、東京国立近代美術館の工芸館へ行ってきました。


東京国立近代美術館工芸館「花」展



春にあわせて、「花」という所蔵作品展をやってました。
陶磁器や織物など、花を主題とした工芸品を集めた展覧会。
優美で繊細な匠の技にほれぼれしながら、
あっというまのひとときでした。
板谷波山の作品を見れたのもうれしかったな。
出光美術館での展覧会が記憶に新しいところですが、
6月14日からは泉谷博古館分館で没後50年を記念した展覧会が予定されています。
梅雨時にみる波山の白も、きっと美しいことでしょうね。


工芸館の外観
工芸館の外観。明治洋風レンガ造りの素敵な建物です。



工芸館を出たら、北の丸公園を散策。
桜はもう散ってしまいましたが、
春の花はそこかしこで歌うように咲いておりました。
仕事がだいぶ落ち着いてきたので、
しばらくはこんな感じでのんびりしたいと思っております。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/998-0e535ab4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。